タグ

タグ:A6-9220e

Dell Inspiron 11 3180にLinuxを導入した

カテゴリ:
世界中のみなさんが苦労しているDellの激安PC、Inspiron 11 3180のA6-9220e + 32GBストレージモデルの続報です。

以前の購入レビュー
で、ストレージが32GBでは少なすぎて、Windows Updateが適用できないという状況を書きました。

そんなわけでWindowsは捨てて、Linuxに乗り換えたのでメモ_φ(・_・。

この機種に内蔵しているAMDのAPUのサポートの問題で、Kernel 4.15以降でないとそもそもインストールできないという状況なので、以下の3つのディストリビューションを試してみました。
  1. Lubuntu 18.04.1 (Kernel 4.15)
  2. Fedora 28 (Kernel 4.16)
  3. antergos 18.08 (Kernel 4.17)
結果:
  1. Lubuntu →インストーラが途中でフリーズしたので断念
  2. Fedora →インストーラは無事動いたが、不穏なエラーメッセージが頻発
  3. antergos→特に問題のあるエラーはなし
ちなみにどのディストリビューションでもFirmware Bugのメッセージが出ますが、まあ無視しても問題ないらしいので、気にしないことにします。

Kernel周りに問題を色々と試行錯誤するのもめんどくさいので、ここはantergosを選択。

IMG_0211

Dell Inspiron 11 3180 AMD A6-9220eモデルを買った

カテゴリ:
先日、プライベートでアメリカに行ってきた。

例のごとくBestBuyをぶらついていたところ、激安のPCを発見!
Dell Inspironの11.6インチでAMDのA6-9220eという見慣れないAPUを積んだ謎のモデルが$149.99で売られていたのであった。ストレージがeMMCの32GBと貧弱だが、メモリは4Gだし、Office365パーソナル版の1年間のサブスクリプションもついている。

IMG_0147


しかし、オンラインでBesyBuyのレビューを確認したみると…。
「遅すぎてストレスが溜まる」
「あまりの遅さに即返品を検討した」
「Windows10だと使い物にならないが、Ubuntu入れたら快適」
「ストレージが少なすぎて、WindowsUpdateすら入らない」
みたいな感じなのだ。

さすがに買うのを躊躇したのだが、この値段だし、AMD贔屓だし、日本で売ってないし(※帰国後、同じモデルが日本でも発売されたことに気がついたが、およそ2倍の金額なので結果オーライ)ということで即購入することにした。


このページのトップヘ

見出し画像
×