カテゴリ

カテゴリ:ガジェット

Motorola One Vision 買った(その2)

カテゴリ:
前回の開封の儀の続き、今回は利用レポートを書きますよ。



[ハードウェア]
外観ですが、裏面もガラスコーティングかつグラデーションなので、安っぽさはありません。
(私が買ったブラウンは、かなり色が暗いため、カバーをつけていると黒にしか見えませんw)
防水・防塵性能はIP52相当と、まあないよりはマシかという程度です。

メーカーから正式に公開されていないのでオンライン上での情報ですが、裏面はGorilla Glassだが、ディスプレイ面は日本電気硝子製のDinorexを利用しているという噂です。強度が気になる方はスクリーンプロテクターを買ったほうがよいかもしれません。(PDF工房さんから出てます。)

SoCは滅多にお目にかかることはないExynos 9609ですが、CPU-ZではなぜかExynos 9610と認識されています。(実測クロックはExynos 9610のGalaxy A50と異なり100MHzほど低いので、やはり搭載されているものは9609で間違いなさそうです。)

Screenshot_20190810-151404Screenshot_20190810-151350

ベンチマーク的にはSnapdragon 660とほぼ同様のいわゆるミドルレンジですね。
体感ではゲームとかをしなければSnapdragon 835のEssential PH-1と違いはありません。

21:9の縦長のディスプレイは、横幅が狭いために持ちやすく、非常に使い勝手が良いです。
大きさのイメージとしては、横幅はiPhone8で、長さはiPhone8 Plusという感じです。
IPSですので特筆すべきものではないですが、解像度(431dpi)も高く、反応速度も悪くありません。
色温度は高めで白の発色は若干青みがかかっていますが、気になるほどではありません。
ただしデフォルトの発色はかなり強調されており、有機ELを意識しているようなチューニングです。なおディスプレイのカラー設定がデフォルトでビビッドになっており、これを「ブースト」あるいは「自然」に変更することで抑えることは可能です。

個人的に最重要視していたカメラですが、48MP、f1.7、OIS(光学式手ブレ補正)のユニットですが、実際の出力(解像度)は12MPとなります。どうやらこいつに使われているSamsung GM1というCMOSセンサーは、SonyのIMX586のように真の48MPの解像度が出るわけではなく、4つで1組みのセンサーを使うことで光量を稼ぐというもののようです。
つまり、48MP分のセンサーはあるものの、実質的な解像度は12MPなのでちょっと誇大宣伝あるいは事実誤認を招くものかもしれませんので要注意。そもそもExynos9609は最大24MPまでしか対応していないので48MPを直接処理できないんですよね。(こういう面倒な説明が必要なデバイスは、日本やアメリカみたいな顧客がうるさい国では売れないだろうなぁ。)

とはいえ、解像度は兎も角、明るいレンズと48MP相当のセンサー数の威力で暗所での撮影ではこれまで使用してきたスマホのカメラではベストでした。またポートレートモード専用のデプスカメラが付いているので、ポートレートモードも自然な仕上がりでソフトウェアのみで処理をしているシングルカメラとは明確な差があります。

上面インタフェイスは、3.5mmオーディオジャックが健在です。
下面インタフェイスは、充電・データ転送用のUSB-Cポートがあります。
なお、付属品の充電器ではなくても、手持ちのQC2.0/3.0充電器や、USB-PDの充電器を利用してもTurboPower表示がでて急速充電(5V 3A)ができました。

なお、本機はいわゆるDSDSで、SIMスロット2はMicroSDカードと共有というよくあるタイプで、対応バンド(XT1970-1)は
  • 2G: GSM band 2/3/5/8
  • 3G: WCDMA band 1/2/4/5/8
  • 4G: LTE band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/28/66
と、北米・南米および東南アジア圏で使われるバンドを一通りカバーしております。

Motorola One Vision 買った

カテゴリ:
MotorolaのOne Visionを買いました。
なお、今回重視したのは以下のポイントです。
  • 北米・東南アジアのLTEバンド対応(海外出張で利用するため)
  • 暗所でのカメラ性能が良い
  • ピュアAndroid
  • 持ちやすい横幅(70mm程度)
  • 予算5万円くらい
希望に近い機種として以下の4機種に絞ったものの、一長一短・・・。
  • Motorola One Vision(21:9ディスプレイだが、バッテリーの持ちがイマイチらしい)
  • Xiaomi Mi A3(ともかく安いが、ディスプレイの解像度が低い)
  • Pixel 3a (日本版を買うと、LTEバンド7非対応)
  • Nokia 7.1 (カメラがOIS非搭載) 
そんなわけで、悩みに悩んだ末、ではこの中で一番売れてなさそうなレア機種にしようということで選んだのが、One Visionであります(日本アマゾンでも取り扱いなし)。

Dell Inspiron 11 3180のChromebook化

カテゴリ:
Linux化して使っていた例のDell Inspiron 11 3180ですが、その後Chromebook(というか、Chromium OS)として使っております。

なお、利用したディストリビューションはCloudReady Home Editionを利用しました。
結論から言いますと、なんの問題もなくインストールできました。

IMG_0337

カテゴリ:
Razer Blade Stealthの出張用の小型充電器を物色していたのですが、AnkerのPowerPort Speed 1 PD 60が最高だったので報告します。

小型充電器といえば、最近は窒化ガリウム(GaN)採用のアダプターが出てきたものの、30Wのこれとか45WのこれではRBSの充電には不十分。(RBSの標準アダプターは65W)
そしてAnkerにはAtom PD2という60Wのモデルがあるのですが、残念ながら国内未発売。

困ったなーと思っていたところ、GaNではないものの、PowerPort Speed 1 PD 60(60W PD対応アダプター)は、実はAtom PD2と大きさが同じで重さも30gしか変わらないことに気が付きました。

で肝心のRBSへの充電ですが、全く問題なく使えました。
高負荷を続けると、もしかしたら充電が追いつかないかもしれないですが、利用しながらでも問題なく充電されました。これで荷物が軽くなる!

以上

Razer Blade Stealth (2019) 買った

カテゴリ:
永らくPCはMac派でしたが、Jobsが亡くなってからというもの商品の魅力がなくなってしまったし、今後はサービスに注力するということなので、MacBook Pro Retina 15インチ Core i7-3740QM, 16GB DDR3, 512GB SSD, GeForce GT650Mという当時は最高級品であったメインPCを買い換えることにしました。

Windows機とはいえ、デザインも性能もMacBook Proに負けないマシンを選びたい!ということで、海外のレビューを中心に読みこみ、悩みに悩んだ末、選んだのがこちら(Razer Blade Stealth 2019年モデル、4Kタッチディスプレイ、Core i7-8650U, 16GB DDR4, 512GB SSD, GeForce MX150)です。
あれ?あんまり変わってない?

IMG_20190417_132550_NR

この4Kディスプレイの最上位モデル、残念ながら国内では取り扱いがありません。
したがって並行輸入にて入手しました。
(私は英語キーボード派なので、どちらにしろ輸入するつもりでしたが。)

秋の夜長にFX202Jを再び入手

カテゴリ:
IMG_0262

ToppingのTP-30 Mk2を入手した際に一度手放したNFJ/FX-AUDIOのFX202Jを再び購入しました。

こちらは最終ロットなので、当時の自分が持っていた202Jとは多少音が違うとは思いますが、あの懐かしい音です。

せっかくなので、改めて現在のメイン機 FX502SProと比較してみました。

このページのトップヘ

見出し画像
×