カテゴリ

カテゴリ:プアオーディオ

ラックスマンのFMチューナー LXV-OT8 を作った

カテゴリ:
コロナウイルス禍で在宅勤務の時間が増えた結果、自宅のCDを聞くのも少々飽きてきました。
そこでBGM代わりに久しぶりにラジオをでも聞くかとRadikoをBTでオーディオまで飛ばしていたんですが、音が悪いんですよね…。調べてみるとビットレートは48KHz。さもありなん。

というわけでFMチューナーを買おうと思いたったのですが、調べてみるといまや単品のチューナーってほとんど売ってないんですね。

どうしたものやらと思案していたところ、一時期ラックスマンのアンプで話題になっていたステレオ別冊のムック本シリーズにFMチューナーがあることを思い出しました。調べてみると、例のアンプと違って不人気なのか?まだ在庫が普通に売ってます。

そのうち他のシリーズ同様品切れになると思いますので、在庫があるうちにどうぞ。

IMG_20200328_152835931

SWD-DA20のリアルタイムDSD変換が楽しすぎる

カテゴリ:
ずいぶん前に購入したので今更ではありますが、DACとしてSoundWarriorシリーズのSWD-DA20を愛用しております。


IMG_20190929_164654584_PORTRAIT


通常のDACよりもお値段は高めですが、こいつが素晴らしいのはリアルタイムアップサンプリング機能でして、PCMだけでなくDSDにもリアルタイム変換ができるのです。

つまりCDやストリーミング音源(圧縮音源)のような音源をアップサンプリングやDSDに変換して疑似ハイレゾ化できるのであります。

例えばCD音源のPCM44.1KHzであれば、PCM48/88.2/96/176.4/192/352.8/384KHzへのアップサンプリングや、DSD2.8/5.6MHzへの変換ができます。
(ただしPCM44.1KHzからDSD11.2MHzには変換できません。)

[SRC]ボタンを押すだけでリアルタイムで出力形式を変換できるため、実際の音の変化を再生しながら比較して聞くことができます。

Bypassモードの単なるDA変換に比べると、PCM系のアップサンプリングは、サンプリング周波数を上げるに従い、よりクリアで緻密な音色に変化し、DSDではマイルドで立体的な音色に変化します。

なお、本機は入力ソースも豊富で、PCからのUSB、同軸、光に加え、アナログも備えておりますのでセレクターとしても使えますし、出力も固定とアッテネーターが選択できるので、プリアンプ的な使い方もできますよ。

最近はハイレゾ音源も増えてきましたが、既存のCDや安価なストリーミングサービスをより高音質で楽しむにはお勧めのDACです。

秋の夜長にFX202Jを再び入手

カテゴリ:
IMG_0262

ToppingのTP-30 Mk2を入手した際に一度手放したNFJ/FX-AUDIOのFX202Jを再び購入しました。

こちらは最終ロットなので、当時の自分が持っていた202Jとは多少音が違うとは思いますが、あの懐かしい音です。

せっかくなので、改めて現在のメイン機 FX502SProと比較してみました。

FX-AUDIO- FX-50 を買った

カテゴリ:
NFJさんからFX-50の第2ロットがでたので、買ってみました。
通称「肉アンプ」から肉の表記が消えたアンプです。
値段は1,000円上がりましたが、肉なしなので満足です(笑)

IMG_0220

ご覧のように、電源スイッチはFX502S PRO(502J-S)と同じ電子式。
電源用の赤色LEDに加え、ボリュームノブのバックに青色LEDが付くタイプです。
ギャングエラー等もほぼなく、外観上の品質に問題はありません。
アダプタは24V4Aを使用して、試聴してみました。

謎の8cmユニットPM-M0841CKを買った

カテゴリ:
前回の記事で作成したスピーカーが思いの外良かったので、今度は自宅のPC用のスピーカーを作成することにしました。

例のごとくAmazonを漁っていると、スピーカーユニット部門の第一位は、謎の8cmスピーカーユニットPM-M0841CKのようです。

IMG_0194


ScanSpeak(5F/8422T03)付きスピーカーキットを買った

カテゴリ:
毎年恒例のステレオ誌付録スピーカー、今年はマークオーディオですね!
レビューを読むと、なかなか好評のようです。

が、私は今更ながら同じステレオ誌ですが2013年8月号付録のScanSpeak製 5cmフルレンジ「5F/8422T03」が付属したダブルバスレフスピーカーエンクロージャーを作成しました。

IMG_0193

なぜなら、在庫処分で音楽之友社のオンラインサイトでたたき売りしてましたので思わずポチリ(笑)。

このページのトップヘ

見出し画像
×