カテゴリ:
毎年恒例のステレオ誌付録スピーカー、今年はマークオーディオですね!
レビューを読むと、なかなか好評のようです。

が、私は今更ながら同じステレオ誌ですが2013年8月号付録のScanSpeak製 5cmフルレンジ「5F/8422T03」が付属したダブルバスレフスピーカーエンクロージャーを作成しました。

IMG_0193

なぜなら、在庫処分で音楽之友社のオンラインサイトでたたき売りしてましたので思わずポチリ(笑)。
ちょうど、会社用にデスクサイドスピーカーを買おうと思っていたので好都合。

初めてのスピーカー制作(というか組み立て)でしたが、特に悩むこともなく2時間程度で完了しました。

MDFのエンクロージャーは塗装が非常に難しいということでそのまま使おうかと思っていたのですが、流石に5年も在庫されていただけに、エンクロージャーを留めていたマスキングテープの跡が残ってしまいそのまま使うには微妙な感じに…。

色々とブログを調べているとカッティングシートを貼るのが一番楽そうです。
アマゾンを物色すると、カーボン調のカッティングシートが目に止まりました。
どうやら車の内装に使っている方が多いですが、わざとらしい木目よりも潔いかと思い購入。

とりあえず側面に貼ってみたところ(写真参照)2トーンカラーも洒落た感じです。
当初は全面に貼るつもりでしたが、敢えてこのまま使うことにしました。

ちなみに肝心の音の方ですが、エージング中なのでまだなんとも言えませんが、エンクロージャーの特性で低音の音量はでていますが若干締まりがない(悪く言えばブーミー。良く言えば柔らかい)音像です。
バスレフホールを塞ぐとかなり締まるので、ユニット自体の解像度は高いようです。

今回はBGM的に少音量で流す用途ですので、この箱の鳴り方でも良さそうなのでこのまま使おうかな。
(久しぶりにLepai LP-2020A+を引っ張り出してきました。このポップノイズが懐かしい…。)

ちなみに付録じゃない型番違いのScanSpeakの5cm(5F/8422T01)はとても高価です。どんな音がするのか興味津々です。