カテゴリ:

「bar樽の水」で以前お世話になっていたバーテンダーの小川さんの働いているお店、日比谷のSUNTORY MALT BAR DENに、2011年のモルト初めにお伺いしました。

随分久しぶりにお会いしたのですが、覚えていらっしゃいました。ありがたい事です。

僕は営業をやっていたくせにいつも顔と名前が一致せず…。バーテンダーさんの記憶力を少し分けてもらいところです。

 

このお店はモルトバーではありますが、食事もいろいろと揃ってますので、1件目から使えます。

私のオススメは、

7種野菜とチキンのトマト煮込み ~モルトウイスキーの香り~

仕上げにフランベしたモルトウィスキーを掛けて香りづけをするという、素敵な一皿です。

ラフロイグ(クオーターカスク)のソーダ割りで頂きました。

 

さて、ここは名前にあるようにサントリーの直営店。基本的にサントリーさんが扱っているモルトしか置いてありません。

ここしばらく、日本の良いウィスキーを飲む機会がなかったので、今回は初心に返って、小川さんのオススメのセレクトを頂きます。

 

オススメの1杯目は、「白州蒸溜所秘蔵モルト」

白州秘蔵

シェリー樽由来の豪華な香りに圧倒されます。味は通常の白州よりも濃厚で熟成感があります。熟成年数は15年〜18年程度でしょうか。

甘みとスパイスのバランスも良く、後味はさっぱりとキレがよく、残らない感じです。

 

2杯目は、「山崎蒸溜所秘蔵モルト」

山崎秘蔵

基本的に蒸留所でしか販売していないという「秘蔵モルト」の飲み比べに(笑)。

こちらは、白州とは対照的に、香りは控えめですが、後味は長め。柑橘系のフルーティーな甘口、オイリーではなくすっきりとした上品な仕上がりです。

 

そして、オススメ3杯目は「山崎蒸溜所 樽出原酒 1996」

山崎樽出原酒
サントリー輿水チーフブレンダーが100万本のストックから4樽えらんだという、2000本限定のシグネチャーモデル。

シェリー樽貯蔵ということで、しっかりとした色が付いています。

この特徴的な香りと渋味を一言で言えば「紅茶」。12年ものとは思えないほど熟成感があり、60%という度数から想像するような刺激感はありません。癖のある味ながら飲みやすい、魅力的な一本でした。

 

ことしはどんなモルトとの出会いがあるか、楽しみです。