カテゴリ:

事業開発の仕事は新規事業開発ばかりではありません。むしろ多くの企業においては、既存事業をテコ入れするための事業開発プロジェクトのほうが重要度が高いといえるでしょう。また、新規事業開発に比べ制約条件が多いため、実行難易度の高いプロジェクトとなります。

The Course-to-Co-op Lifecycle: OpenInnovation@RIT
The Course-to-Co-op Lifecycle: OpenInnovation@RIT / opensourceway

特に、事業戦略を大きく変革することで競合差別化を目指す事業開発プロジェクトは、イノベーション戦略と呼ばれ、事業開発担当者は知っておくべき手法です。

イノベーション戦略の具体的な方法は様々な書籍で解説されていますが、IT業界の方にはライフサイクル イノベーション 成熟市場+コモディティ化に効く 14のイノベーションを一読することをお勧めします。 著者は、キャズムで有名なジェフリー・ムーア氏で、Cisco Systems等、多くの事例から分類された14のイノベーション手法について解説しています。

この本の優れているところは、
  1. 自社の事業構造は「コンプレックスシステム型」か、「ボリュームオペレーション型」か?
  2. 自社にとっての「コア」事業(or 機能)と「コンテキスト」事業(or 機能)はなにか?
  3. 対象製品は「ライフサイクル」上の、どのステージに属するのか?
という3つの視点から分析することで、取るべき最適なイノベーション戦略が判る。という明快なロジックで構成されている点です。また、成熟市場や衰退市場で取るべき戦略についても詳しく解説されています。

また、副次的な効果ではありますが、この分析手法は事業分析としても優れているので、これまで見えていなかった問題点を浮き彫りにするという点でも有効です。

久しぶりに本書を読み返してみましたが、成熟市場にある自社製品をどのように成長させていくかを考える糸口が見えてきました。オススメです。