Moto One Vision が QZSS対応だった件

カテゴリ:
購入して1年ほど経っているMotorola One Vision。今更ながら、QZSS(みちびき)に対応していることに気が付きました…。スペックシートにそんなことは書いてなかったのになぁ。

ふと思いたってGPSTestをいれてみたところ・・・

InkedScreenshot


ご覧のように、GPS, GLONASS, GALILEO, BDSに加えて、QZSSも掴んでいます。
これはうれしいサプライズ。

Motorola One Vision その後(祝!Android 10)

カテゴリ:
昨年(2019)の夏に買ったMotorola One Visionですが、その後の状況をアップデート。



本機はAndroid Oneということで、セキュリティアップデートが毎月来ていたのですが、なぜか11月のアップデートを最後に更新されなくなりました…。
また、EU版ではAndroid 10へのバージョンアップのOTAが今年の1月頃から始まっていたにも関わらず、南米向けのRETLAチャンネルは音沙汰なし。

これには、南米のモトローラユーザも怒り心頭だったようで、モトローラのサポートコミュニティでも炎上しておりました。

が、4月になってやっと来ましたよ! Android 10が!! 

Screenshot_20200419-205515


ラックスマンのFMチューナー LXV-OT8 を作った

カテゴリ:
コロナウイルス禍で在宅勤務の時間が増えた結果、自宅のCDを聞くのも少々飽きてきました。
そこでBGM代わりに久しぶりにラジオをでも聞くかとRadikoをBTでオーディオまで飛ばしていたんですが、音が悪いんですよね…。調べてみるとビットレートは48KHz。さもありなん。

というわけでFMチューナーを買おうと思いたったのですが、調べてみるといまや単品のチューナーってほとんど売ってないんですね。

どうしたものやらと思案していたところ、一時期ラックスマンのアンプで話題になっていたステレオ別冊のムック本シリーズにFMチューナーがあることを思い出しました。調べてみると、例のアンプと違って不人気なのか?まだ在庫が普通に売ってます。

そのうち他のシリーズ同様品切れになると思いますので、在庫があるうちにどうぞ。

IMG_20200328_152835931

SWD-DA20のリアルタイムDSD変換が楽しすぎる

カテゴリ:
ずいぶん前に購入したので今更ではありますが、DACとしてSoundWarriorシリーズのSWD-DA20を愛用しております。


IMG_20190929_164654584_PORTRAIT


通常のDACよりもお値段は高めですが、こいつが素晴らしいのはリアルタイムアップサンプリング機能でして、PCMだけでなくDSDにもリアルタイム変換ができるのです。

つまりCDやストリーミング音源(圧縮音源)のような音源をアップサンプリングやDSDに変換して疑似ハイレゾ化できるのであります。

例えばCD音源のPCM44.1KHzであれば、PCM48/88.2/96/176.4/192/352.8/384KHzへのアップサンプリングや、DSD2.8/5.6MHzへの変換ができます。
(ただしPCM44.1KHzからDSD11.2MHzには変換できません。)

[SRC]ボタンを押すだけでリアルタイムで出力形式を変換できるため、実際の音の変化を再生しながら比較して聞くことができます。

Bypassモードの単なるDA変換に比べると、PCM系のアップサンプリングは、サンプリング周波数を上げるに従い、よりクリアで緻密な音色に変化し、DSDではマイルドで立体的な音色に変化します。

なお、本機は入力ソースも豊富で、PCからのUSB、同軸、光に加え、アナログも備えておりますのでセレクターとしても使えますし、出力も固定とアッテネーターが選択できるので、プリアンプ的な使い方もできますよ。

最近はハイレゾ音源も増えてきましたが、既存のCDや安価なストリーミングサービスをより高音質で楽しむにはお勧めのDACです。

このページのトップヘ

見出し画像
×